ハーフカットセルなど、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

ハーフカットセル

最近、国内メーカー、海外メーカー問わず

ハーフカットセルを相次いで採用してきています。

ハーフカットセルは、通常の結晶シリコン型セル(発電素子)を

半分に切ったもの。

これで構成した太陽光パネルは、通常の寸法のセルで構成した場合に比べて、

電気抵抗を低減できることによって発電効率が向上します。

抵抗が減ることで、夏季などの高温時の変換効率の低減も抑えられ、

発電量の増加につながる。

小さくし発電量をアップさせて設置容量を多くする、

屋根上の負担も減り、一石二鳥でしょう。

ハーフモジュールではなく、ハーフカットセルです。

勘違いしないようにお願いします。



このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]