新FITの計画認定に約3ヵ月など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新FITの計画認定に約3ヵ月

新FITの計画認定に約3ヵ月

資源エネルギー庁は6月19日、本年4月から施行された

新たな固定価格買取制度(FIT)での新規認定申請の審査が遅れており、

現在、不備のないもので3ヵ月程度の時間を要していることを報告した。

また、昨年度までにFITの認定を取得した案件の新制度への移行手続についても、

審査が遅れており、現在、不備のないものでも2ヵ月以上の時間を

要しているケースがあるという。

どちらも審査が完了したものから順次認定・移行手続きを行っており、

審査側からの連絡を待つよう要請している。

新制度で審査時間が長期化、申請不備率も増加

同庁は、新たなFITでの新規認定申請について3月21日から受付を開始。

申請が到達してから認定を行うまでの標準処理期間は1~2ヵ月と通知していた。


沙良にもブログを通じて、新規認定の時間に関してメールで多数のお問い合わせを

頂いております。

4月1日付の新規認定申請分が、2017年6月24日現在、

受理されてきていないので、もう少し時間が掛かるようです。

新制度移行に関しては、4月1日付での申請分は6月中旬に

移行手続き完了メールが随時送信されております。

全体的にシステム不備、人員の問題などもあって遅れているようです。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。