大雪での太陽光発電システムの注意点 4 など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

大雪での太陽光発電システムの注意点 4 

大雪での太陽光発電システムの注意点 4

大雪での注意点などを簡単にお話してきましたが、

大雪での注意したい点検項目を簡単にアップしてみようと思います。


まず、目視

簡単ですが重要な点検項目です。

① 架台が倒れていないか? (倒れてれば、一目でわかりますが・・・)

架台を軽く押してみて、極端に動く場合やあきらかに倒れそうな場合、

早急な対応が必要です。

② 架台のフレームのゆがみ、破損がないか?

③ モジュールの破損はないか?

④ ケーブルの断線の有無


ケーブルの断線がありそうであれば、かなり慎重に行ってください。

感電してしまうおそれもあります。むやみに近づくことも危険な場合もあります。

⑤ PCSの動作状況の確認

エラーが発生していることもあります。


屋根設置の場合、屋根に登ることは危険ですので避けてください。

架台フレームのゆがみ、モジュールの破損など、

遠目から確認し雪が完全に溶けたら、設置業者に点検依頼を

するほうが良いでしょう。


基本的なことだけ書いてみましたが、日々の点検が重要です。

雪が解けたら発電するだろう?とほったらかしのユーザーさんも

多いようですが、冬季期間くらいは気にかけてみるのも

良いかもしれません。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]