パワーコンディショナー エラーコードからの修理個所確認 その1など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

パワーコンディショナー エラーコードからの修理個所確認 その1

パワーコンディショナー エラーコードからの修理個所確認

最近、太陽光発電システムを18年~20年前に導入したユーザーさんから

PCSの表示窓にエラーコードが表示され停止してしまったとの

報告が増えてきています。


1例として。

京セラ製太陽光発電システムのパワーコンディショナー

エラーコード F2 にて停止。

エラーコードF2は、京セラ製PCSでは「太陽電池の漏電」となります。

初期対応としては、PCSの運転スイッチを切り1分後に入れる。

これで動作、起動すれば問題ありません。

ダメのようであれば故障個所を見つけなければなりません。

エラーコードでは、太陽電池の漏電となっておりますが

一概には言えません。

1. 系統別で電圧を測定し確認。

2. 絶縁抵抗を測定し確認。

以上の2つに問題がなければ太陽電池の漏電ではありません。

故障個所はPCS基板となります。

PCS故障の場合、メーカーへの修理対応となりますが

年数的に部品のみの交換はおそらく不可能と考えてください。

PCS本体の交換となりますが、定格変更に注意する事と

PCSが新品となった場合、数年先にモジュールとの年数差が

18年~20年となったときに、どのように考えるかを検討し

対処してください。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]