こんな太陽光発電の販売方法どうなの?など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな太陽光発電の販売方法どうなの?

先日、知人より相談された事です。

太陽光発電システムの訪問販売業者が来て営業してきた。

知人が、まとまった現金が無いと断ると、売電して収入になったお金をローンに回すように

ローンを組む方法を提案されたらしい。

4KWシステム位を設置し売電で1万2千円前後が収入となると予測されるから、

この売電収入をローン位回し、15年ローンでどうですか?と・・。


実際、この販売方法は聞いたこともあるし、そのような営業に太陽光発電システムの概要や

機能を説明したこともあるので、驚いたことはなかった。

これは、あくまで個人的な意見なのだが、

かなりのリスクがあるように思う。

まず、

1.太陽光発電システムは気象状況に左右されるので、2.3年先以降の売電に期待してローンを
 
 組むのはどうなのか?

2.売電は余剰電力買取り制度であり、家族構成が変わったり電気の使用量が変化した

 場合は契約時の売電シミュレーション通りにはいかない。

3.そもそも、現在の一般家庭用余剰電力買取り制度は10年間であり、10年以降は売電価格は

 不明である。購入単価と同値になったら当然、売電価格は大きく減る。

4.おそらく10年間は保障期間であるが10年以降故障などが発生した場合、
 
 支払いに負担がかかってくる。


色々考えれば、まだまだありますが、どうなんでしょうか?


すべて理解してれば良いと思いますが、販売する業者のかたも詳しく現在の日本の

余剰電力買取り制度や太陽光の性質など、お客様に説明していない業者もかなり多いようです。

だた売りたいだけなんでしょうね。商売ですから気持ちはわかりますが・・。

今回は、あくまでも私の個人的意見ですので!!!

皆さんどう思いますか?

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。