グリッドパリティなど、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリッドパリティ

沙良の太陽光ブログでは、すでに数年前から

グリッドパリティに関して説明させて頂いておりますが、

グリッドパリティ(Grid parity)とは、「グリッド=送電網」 「パリティ=同等」

再生可能エネルギーの発電コストが、

既存の電力コストと同等であるか、それよりも安価になることを指します。

(地域、既存系統の電気料金、太陽光発電は設備に価格の差があるため、

若干は異なってきます)

国内指標では、

家庭用電力並み(日本において23円/kWh)になることを第一段階グリッドパリティ

業務用電力並(同14円/kWh)になることを第二段階グリッドパリティ 2020年目標

汎用電源並(同7円/kWh)になることを第三段階グリッドパリティ 2030年目標と定義しています。

以上から

国内の家庭用太陽光発電システムはグリッドパリティを達成したと言えるでしょう。


家庭用太陽光発電システムは、固定価格買取り制度にて爆発的に普及しました。

沙良のブログでは幾度となく、お話してきましたが家庭用PVシステムは

お金を作る機械ではありません、制度として利益の生まれるシステムになることも

ありますと。


普及拡大させるための、電気を売る時代から自家消費の時代へと変化していきます。


これは長年、PV市場の拡大のため、国内の関係機関で目指してきたことです。

売電単価の引き下げ、FITスタートなど、昨日、今日の話で決められているわけでは

ないという事を理解してください。

これらを見失い、目先の利益だけでPV業界に参入してしまうと・・・。

あえて言うまでもないでしょう。


ドイツ、イタリア、スペイン、オーストラリア、イスラエル、メキシコでは、

すでに太陽光発電の発電単価が電気料金よりも低く、

やっと日本も追い付いたと言った感じです。


最近、CMなどでZET(ゼッチ)と聞いた事はありませんでしょうか?

ZEHゼッチとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。

住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを

創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の

収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅。

政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。


これは、新築ですが既築ではどうでしょうか?

間違いなく蓄電池市場が拡大します。

2020年、家庭用太陽光発電システムの売電単価が

10年を迎え、48円から引き下げされます。

電力会社から電気を高く買って、発電した電気を買った電気より安く売電するより、

発電し自ら、発電した電気を自家消費したほうが良い
時代へと変化するわけです。

そこで必須となるのが、蓄電池になります。


間違いなく太陽光発電システムが爆発的に普及したように

蓄電池も爆発的に普及し始めるでしょう。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。