四国エリアの太陽光発電・風力発電、出力制御の可能性など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国エリアの太陽光発電・風力発電、出力制御の可能性

四国エリアの太陽光発電・風力発電、

出力制御の可能性

四国電力は20日、四国エリアにおける

再生可能エネルギーの導入量増加に伴い、

火力電源の抑制等の対策を実施しても

電力の供給力が需要を上回る場合は、

安定供給を維持する観点から、再エネ発電設備の

出力制御を行うと発表した。

同社によると、太陽光発電の導入進展により、

2017年度ゴールデンウィーク(GW)における

太陽光発電の出力は、最大で需要の85%に

達する見通し。

四国エリア(同社より融通送電を行っている

淡路島南部地域を含む)では、

再生可能エネルギー発電設備の導入が

急速に進んでおり、太陽光発電設備・風力発電設備の

接続済み設備量の合計は、2015年10月末の177万kWから

1年間で38万kW増加し、2017年10月末で215万kWと

なっている。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。