14.5MWのメガソーラーなど、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

14.5MWのメガソーラー

京セラ、三菱総合研究所、東京センチュリー、および四電エンジニアリングが

共同出資した多可町安田郷メガソーラー発電合同会社は

兵庫県多可町に出力14.5MW(メガワット)のメガソーラーを建設

rk_161202_kyosera01.jpg


4社は兵庫県公表のメガソーラー候補地情報に基づき、

2013年5月関係者による事業検討を開始し、

2014年10月に多可町メガソーラー合同会社を設立した。

2015年3月に林地開発許可を取得し、それに伴い建設工事を進めてきた。

同発電所は京セラ製太陽電池モジュール合計約5万6000枚を設置。

年間発電量は合計約1606万kWh(キロワット時)を予想する。

一般家庭約4930世帯分の年間電力消費量に相当する発電量。

発電した電力は関西電力に売電している。

この事業は、多可町メガソーラー合同会社が事業運営を行う。

東京センチュリーはファイナンスとそのアレンジメントを担当し、

発電所の設計・施工を四電エンジニアリングが担当した。

また、太陽電池モジュールをはじめ周辺機器の供給は京セラが行い、

事業期間中の保守・管理を京セラソーラーコーポレーションが担当する。

三菱総研は事業全体の統括およびコンサルタント業務を実施し、

運転開始後は多可町メガソーラー合同会社の運営業務(アセット・マネジメント)を請け負う。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]