認識の違いなど、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認識の違い

9月、10月中旬から11月下旬まで地方の太陽光発電システムを

取り扱う業者さん達の展示会シーズンになり、

沙良が全国、各地へ応援でお伺いする事もあります。

直接ユーザーさんにお会いすると、色々自分も勉強になることも

あります。

最近、気になるのは太陽光発電システムはもう終わった、と言われる事。

過熱気味だったので、そのように思うのかもしれませんが、

決して、そのようなことはありません。

国内の制度的なことから言えば、ゼロエネルギーへ向かっています。

売電から自家消費へ、売る時代から自分で作って消費する時代へ。

これは昨日、今日に決まったことではありません。

グリットパリティを目指してきたことですから。

もう1つ、PCSの考え方に沙良は違和感がある。

PCSの性能は、いかに太陽電池モジュールから電力を効率よく取り出すか

これが重要になります。

電力を効率よく、取り出すか?です。

もう1度言いますが、取り出すか?です。

PCSが電力を取り出すという動作をしてるという認識がない気がします。

「取り出す」 ということは、 「取り出さない」「取り出せない」 という事もあるわけです。

太陽光発電システムは、はっきり言いますが、まだ普及していきますよ。

これはエネルギー政策によるもの。

また、沙良がお伺いする事もあると思いますが、

そのときは、よろしくお願いしますね。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

マジ!凄すぎ!
沙良さんのアドバイスでの
大規模なシステムだったとは
知りませんでした。
いかに発電量を増やすかを細かに計算されてると
責任者に聞いて驚き、沙良さんと言う
お名前も聞いて2度驚きました。
マジで、凄すぎでしょ。
忠勝 at 2016/10/31(月) 11:05 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。