まもなく、電力会社の出力抑制スタートなど、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

まもなく、電力会社の出力抑制スタート

一時、大騒ぎになった電力会社による再生可能エネルギーの

出力抑制ですが、まもなく実施される方向のようです。

現在、九州電力は離島の種子島と壱岐で太陽光発電設備に

対する出力制御を実施していますが、本土での出力抑制も実施されるとの事。

九州電力が出力制御を想定している時期は1年間に2度あり、

5月と8月。

日没後に家庭や企業で照明の点灯が増えるため、電力の需要が上昇することを

九州電力は「点灯ピーク」と呼んでいます。

点灯ピークは春よりも夏のほうが大きくなる

そのため、このタイミングでの実施になるのでしょう。

kyushu9_sj.jpg



kyushu4_sj.jpg

優先給電ルール」による出力抑制の順番

優先給電ルール

電力会社が火力発電と揚水発電で供給力を調整し地域間の電力融通を実施。

それでも供給力が余る場合には、バイオマス、太陽光・風力

最後に原子力・水力・地熱の出力を抑制する。

kyushu5_sj.jpg


kyushu6_sj.jpg

kyushu11_sj.jpg


このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]