固定価格買い取り制度(FIT)を見直し案など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固定価格買い取り制度(FIT)を見直し案

経済産業省は2015年12月、再生可能エネルギーの

固定価格買い取り制度(FIT)を見直すことを決めました。

2017年以降に実施される。

事業用の太陽光発電に入札制を取り入れ、安い価格を示した業者から買い取るようにして、

再エネの普及をすすめつつ国民負担を抑える。

再エネの新規参入が太陽光に偏っている現状を改める狙いがある。

経産省が2017年以降に始める新制度は、事業用太陽光の買い取り価格を、

発電コストが低い事業者を基準に決める「トップランナー方式」に改め、

その価格での年間導入量が想定を超えた場合、

翌年度は国が導入量を決めて入札にかけ、価格が安い業者から順に落札するようにする。

沙良のブログをご覧になってる皆さんの大半はすでに設置済みだと思いますが、

今年のキーとなるもの、おそらく来年以降もキーとなるものは、

蓄電池になるでしょう。

注意深く市場動向を見極めて頂きたいと思います。

以前、太陽光発電システムで重要な事はバランスと電圧をお話したことがあります。

覚えているでしょうか?

設置し数年経過したシステムに興味がなくなってしまうユーザーさんが多いのでしょうが

そこからが重要になってきます。

 受けがあって始めてシステムが動作する

忘れないように覚えておいてください。

この意味が理解出来てれば問題ありませんが・・・・。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。