太陽光発電システム 設置タイミングで異なるユーザー特徴など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

太陽光発電システム 設置タイミングで異なるユーザー特徴

今日はお休みなので、太陽光発電ブログでもアップしようと

思ったのですが、完全にネタ不足

まったくネタがないというよりは、簡単にアップ出来るようなネタが無くて、

難しい専門的なことになると、文章なども理解しやすくと、考えるので

かなりのパワーが必要ですから。


今日は雑談で

太陽光発電システムに長く関わっている方なら解かると思いますが、

設置するユーザーさんには、設置する時期によって共通する分があります。


〇 太陽光発電システムが日本国内で販売された当初

設置価格も高額で趣味の領域に近く、設置されるユーザーさん自体も

システム機器の事などはあまり理解していなかった。

まして、性能を比較するようなネット環境も無く比較する対象も無いので

良かったのか?悪かったのか?がわからない。


〇 国内初の太陽光発電システム補助金スタート


太陽光発電システムの補助金がシステム金額の半分ほど出されていました。

設置金額も高額でしたが補助金をもらう条件として、御自身でデーターを国へ報告する
  
義務がありました。

以上2つの時期に設置されたユーザーさんの多くは、趣味、発電に興味がある、

お金に余裕がある、このようなユーザーさん達でした。

地球環境に・・・という事は聞いたことがありません。



〇 太陽光発電システム売電単価の変更、太陽光補助金


太陽光発電システムの売電単価が上がり、補助金もある、

この時期から地球環境問題と騒がれるようになりました。

しかし、太陽光発電システムの知名度は低く、知らないユーザーが大半。

当然、販売代理店、施工会社も少なく、取扱いしてる業者さんは数えるほどでした。


  
〇 太陽光発電システム売電単価の値下げ、太陽光補助金


売電単価が段階的に下がりますが、少しずつ知名度が上がってきました。

40円台以下になるか?ならないか?

この辺から、注目され取り扱いを始める業者も少しずつ増えてきました。

30円台後半に突入したくらいからは、ブームに目を付けたユーザーさんが

設置を開始。

ユーザーさんの同行を商機と考え家庭用太陽光発電システムを取扱う

業者が急増する。

以上2つの時期は地球環境を考えて設置を検討したユーザーさんと、

売電したお金が現金で振り込まれるという、今までになかった制度に興味を持ち

設置する、家庭の電気代金を抑えたい、このような考えで設置するユーザーさん達でした。



〇 太陽光発電システム売電単価30円台半ば突入

この時期に感じたのは、にわか業者が増えたこと、詐欺被害も報告されてきました。


〇 10KW以上 全量買取りスタート

10KW以上の全量買取りスタート当初、ブームに乗って太陽光発電システムの

取り扱いを始めた業者さんは理解不足、制度認識不足で完全にスタートでは

乗り遅れた感がありました。

家庭用太陽光発電システムという考えしかなかったようで。

制度的な難しい部分もあり、あらかじめ準備出来ていた業者さんは良かったが

制度が公表されてから準備していては期間が短く間に合わなかったユーザーさんもいる。

このスタートで10KW以上を施工していた業者さんを複数知っているが

大半が太陽光発電システムを国内に販売した頃から取扱いしてる

ベテランの業者でした。


〇 10KW以上 全量買取り売電単価変更

10KW以上の売電単価も変更となりましたが、制度的な理解も浸透し

期限も長くなったので徐々に施工業者さんも取扱いスタート。

一般ユーザー、企業さんも検討を始める。

売電単価の段階的な値下げにより、設置するユーザーさんなど急増。


全量買取りがスタートし売電単価が下がり、次に下がる年度のタイミング近辺で

まったく何も考えず、単なる儲けのみのユーザーさん、業者さんも急増し

入り乱れてる状態で完全にバブル状態に突入。


全量買取りの売電単価の2段階目の値下げ近辺から、バブル状態で

数件設置した業者がネットを利用し太陽光のプロと言いだす始末。

ユーザーさんも詐欺被害にあったり、電力会社の問題も発生し

完全バブル。



〇2015年9月

全量買取りの売電単価も値下がり、電力会社受け入れ制限問題などで

太陽光発電市場はかなり静かに。

8月頃から太陽光発電を取扱いした企業の倒産が相次く。

メーカー、メーカー関係各所からは、やっと落ち着いた。

これからがスタートという意見が大半。

バブルは弾け、ブームは去り、知名度が上がって、やっと道筋が出来ました。

ここからの販売方法、取扱いで本当の意味の拡販になります。

これは、PV-JAPANなどの国際展示会でも共通認識でした。

車、テレビなど電化製品もすべて一緒、販売当初は売れて当たり前、

そのあとが重要です。


2015年では全量買取りの10KW以上より、まだ設置していない

ユーザーさんが家庭用太陽光を導入する動きが見られました。

全量買取りはかなり冷え込んだ感じですが8月頃から

50KW以上の高圧システム、特に200KW位を検討するユーザーさんが増えています。

どうしてなんでしょうか? 


気になったのが、太陽光発電システムに興味のあった方で設置を検討して

いたユーザーさんはすでに設置を完了し、

太陽光発電ってなんだろう?

隣も設置したみたいだし・・・・。

まったく資金が無いけど・・・・。

といった太陽光発電システムが国内で始めて販売されたときのような

雰囲気のユーザーさんが検討を始めているような感じが見られます。



野立て100KWシステムを20万円で設置できると思って、

施工業者に依頼したお祖母さんがいたと聞きました。

この20万円とは1KW=20万円ではなく、

工事費含めて、20万円です。

まさに、ブームが去った後といった感じですね。

解かりやすく、丁寧にメリット、デメリットを説明していかないといけません。

黙って売れる時代は終わりましたから。

これは再三、再四、沙良が言ってきたことです、

今は、本当に静かです。

今だけだと思いますけど

一気に流れが変化してきます。乗り遅れないようにしてください。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]