川俣・山木屋に「メガソーラー」 収益、復興拠点施設に活用など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川俣・山木屋に「メガソーラー」 収益、復興拠点施設に活用

川俣・山木屋に「メガソーラー」 収益、復興拠点施設に活用

川俣町や同町の企業などが出資した「かわまた復興発電合同会社」は24日、

避難区域の同町山木屋地区に建設した大規模太陽光発電所(メガソーラー)の

落成式を行い、関係者が完成を祝った。

整備費の返還などを除いた年間約1000万円の売電収益は、同地区に整備される

復興拠点施設の運営費の一部に活用される。

同施設に整備される予定の商業施設は2017(平成29)年3月までの完成を見込む。

3.6ヘクタールの土地に建設された発電所には8680枚の太陽光パネルが設置された。

最大出力は2.17メガワット(2170キロワット)で、一般家庭で約700世帯の

電力消費量に相当する。

総事業費は7億1000万円で、建設費の一部に経済産業省の補助金を

活用した。東北電力への全量売電は7月末に始まっている。


このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。