川内原発再稼働 核分裂の連鎖反応が安定して続く「臨界」に到達など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川内原発再稼働 核分裂の連鎖反応が安定して続く「臨界」に到達

川内原発再稼働 核分裂の連鎖反応が安定して続く「臨界」に到達

鹿児島県の九州電力・川内原発1号機が、国内の原発としては、およそ2年ぶりに再稼働した。

そして11日午後11時、核分裂の連鎖反応が安定して続く、「臨界」に達した。

再稼働から12時間半が経過した午後11時ちょうど、

核分裂の連鎖反応が安定して続く、臨界に達した。

午前10時30分、核分裂反応を抑える制御棒32本を、

段階的に引き抜く作業が始まった川内原発1号機。

福島第1原発の事故を教訓に作られた、新しい規制基準のもとで、

原発が再稼働するのは、全国で初めて。

日本で1年11カ月続いていた「原発ゼロ」の状態は、11日で終わりとなった。

九州電力は、万が一、巨大噴火の予兆が観測された場合には、

原子炉を停止し、核燃料を別の場所に搬出するとしている。

しかし、どこに持っていくかは、まだ決まっておらず、

疑問の声も上がる中での再稼働となった。

14日には、発生した蒸気をタービンに送る予定で、ここで初めて電気が

発生し、送電を始めることになる。


原発が再稼働しましたね。沙良のブログは太陽光関連ですので

太陽光発電からの焦点で考えていきますが、

これから、出力抑制などの規制もあるのでしょう。

どのような方向性となっていくのか、注視していかないといけません。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。