太陽光電力を“地産地消”、ドイツのスマートコミュニティ実証事業にドコモらが参加など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光電力を“地産地消”、ドイツのスマートコミュニティ実証事業にドコモらが参加

太陽光電力を“地産地消”、ドイツのスマートコミュニティ実証事業にドコモらが参加

NTTドコモは24日、ドイツ連邦共和国のシュパイヤー市における

スマートコミュニティ実証事業に参加することを発表した。

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から委託を受けたもので、

NTTファシリティーズ、日立化成、日立情報通信エンジニアリングも参加する。

ドコモはこれまでのHEMS開発でのノウハウを活かし、クラウド上で太陽光発電量、

電力・熱消費量のデータを収集し、最適な制御計画や機器制御などを行う

HEMSを提供。実際の生活環境下における実証を行う。

実証事業期間は、2015年度から2017年度末まで。

この事業では、16世帯のアパート2棟に、HEMS・蓄電池・ヒートポンプを設置。

情報通信技術を用いて制御することで、太陽光で発電した電力を最大限活用し、

電力を地産地消する「自己消費モデル」の確立を目指すという。

ドイツは現在、電力需要の20%以上を再生可能エネルギーでまかなっているが、

ドイツ政府はその比率を2020年までに35%、2050年までに80%にする目標を掲げている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150724-00000024-rbb-sci


やっと動き出しましたスマートコミュニティ実証事業です。

今までの太陽光発電システムの需給、供給など様々なことが

変化してきますよ。

注目してみてください。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。