岐阜大、次世代エネ研開所 所属教員が研究紹介など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

岐阜大、次世代エネ研開所 所属教員が研究紹介

岐阜大、次世代エネ研開所 所属教員が研究紹介

岐阜大が学内に設置した「次世代エネルギー研究センター」の開所式が10日、

岐阜市橋本町のじゅうろくプラザであり、所属教員が水素をエネルギーの

貯蔵に活用したり、太陽光発電量の予測精度を高めたりする研究を紹介した。

企業や自治体、大学関係者ら120人がセンターの事業に理解を深めた。

野々村修一センター長は固定価格買い取り制度により

太陽光発電の設置が伸び、昨年までの累積導入量が原発1.5基分に

達したことに触れ「(気象に左右される)不安定な電源が大幅に普及し

従来の電力網を崩壊させる可能性が出てきた」と問題点を指摘。

再生可能エネルギーの余剰電力を水素エネルギーに変換して

貯留・輸送できるシステムの実現を目指すセンターの研究開発の

方針を示した

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150711-00000244-gifuweb-l21

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]