ジンコソーラーが日本初の蓄電池併設型メガソーラーに65MWのモジュールを提供など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジンコソーラーが日本初の蓄電池併設型メガソーラーに65MWのモジュールを提供

ジンコソーラーが日本初の蓄電池併設型メガソーラーに65MWのモジュールを提供

世界大手のPV企業、ジンコソーラーは、日本初の蓄電池併設型メガソーラーに

65MWの高効率モジュールを提供したと発表しました。

本プロジェクトは2015年秋に北海道で着工し、2016年10月の完成を目指す。

ジンコソーラーのモジュールは北海道苫小牧市と厚岸町の二つの蓄電池併設型

メガソーラーに提供する。

北海道電力の要請によると、2MW以上のメガソーラーの系統連系には、

周波数変動への対策から蓄電池の併設を求めている。

本プロジェクトはこの要請に対応した初めてのプロジェクトで、

苫小牧市プロジェクトには、太陽光モジュールの出力が38.1MW、

厚岸町プロジェクトのモジュールの出力が27MW。

蓄電池を併設することで、急峻な出力変動を緩和する。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。