普及の進むスマートハウス、住宅メーカーごとの違いは?など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普及の進むスマートハウス、住宅メーカーごとの違いは?

普及の進むスマートハウス、住宅メーカーごとの違いは?

昨年の東日本大震災を機に、住宅に対する安全・安心やエネルギーの

供給不安解消を求める意識やニーズが一気に高まり、それと同時に、

スマートハウスという言葉が広く使われるようになった。しかし、

スマートハウスという言葉からどんな住宅を連想するだろう。

「賢い家?」「省エネ住宅が進化?」と、今一つピンとこないのが実状ではなかろうか。

事実、スマートハウスを提案する住宅メーカーもそれぞれの思いを込めた提案を行い、

スマートハウスの定義は確立されていない。では、住宅メーカー各社は

スマートハウスをどう捉え、商品として提案しているのであろうか

大和ハウスでは、太陽光発電システム・蓄電池・HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を搭載した「xevo(ジーヴォ)スマ・エコ・オリジナル」をスマートハウスとして展開。

住友林業 は、「スマートソラボ」を展開。そこで生活する人々のライフスタイルごとに最適なエネルギー機器を組み合わせることで、エネルギーをつくり、たくわえ、賢く使うという知恵をプラスした住まいとしてスマートハウスを提案している

積水ハウス の展開する「グリーンファースト ハイブリッド」は、安心・安全・快適性・経済性・環境配慮といった、住まいに求められる条件を兼ね備えた上で、平常時には節電、停電時などの非常時には「いつも電気のある安心の暮らし」を可能とするもの

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120714-00000026-scn-bus_all

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。