平成27年版「環境白書」の全容など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

平成27年版「環境白書」の全容

平成27年版「環境白書」の全容


政府が6月にも閣議決定を目指す平成27年版「環境白書」の全容。

再生可能エネルギーを地方都市や農村部で積極的に導入する。

温室効果ガスを排出し国富の海外流出も招く化石燃料への依存を低減。

都市圏に再生エネ由来の電力を販売することで地域経済を活性化させる必要性を訴える。

テーマは、「環境とともに創る地域社会・地域経済」

再生エネ由来の電力は地域の有力な“商品”となり得る。白書ではこの電力を

大都市圏に販売することで、産業として育て、地域活性化につなげようと呼びかけている。

政府が決めた平成42(2030)年度のエネルギーミックス(電源構成比率)では、

再生エネの比率を現在の10%程度から22~24%まで高める方針を打ち出した。

価格転嫁による電気料金の高騰を防ぐには、発電コストが高い太陽光以外の

電源もバランスよく増やす必要があり、潜在力が高い地方や農村部の

再生エネ普及を促進したいとの事。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]