ハンファQ セルズ 米 ネクステラ・エナジー・リソーシズと約1.5GWの太陽電池モジュール供給契約に合意 など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

ハンファQ セルズ 米 ネクステラ・エナジー・リソーシズと約1.5GWの太陽電池モジュール供給契約に合意

ハンファQ セルズ 米 ネクステラ・エナジー・リソーシズと約1.5GWの太陽電池モジュール供給契約に合意


■米国太陽光発電事業に2015 年第4 四半期から1 年間で約1.5GWを供給

■セル・モジュールの製造はマレーシア及び韓国の全自動化された生産拠点

■独自のテクノロジーで高い発電量を実現する「Q.PLUS」を供給


ハンファQ セルズ株式会社は

(以下、「ハンファQ セルズ」)

北米時間2015 年4 月20 日、再生可能

エネルギー関連企業で世界最大規模を

誇る、米ネクステラ・エナジー社の

子会社のネクステラ・エナジー・リソー

シズ(NextEra EnergyResources)と、

太陽電池モジュール供給の契約を締結い

たしましたのでお知らせいたします。

今後、2015 年第4 四半期から2016 年

第4 四半期にかけて、ネクステラ・エナ

ジー・リソーシズおよび関連企業の、

米国における太陽光事業拡大のため

に、ハンファQ セルズより1.5GW 以上の

太陽電池モジュールを供給します。

今回供給する太陽電池モジュールは、

ハンファQセルズが独自に開発し

た「Q.ANTUM セル技術」を使用した、

「Q.PLUS」という製品で、業界の標準的

な製品と比べて発電量の多いという特徴

があります。

このモジュールを、フルオートメーショ

ン化しているマレーシアおよび韓国の

生産拠点にて製造し、供給していきま

す。

今回、大規模な契約に至った背景として

は、ハンファQセルズが2015 年2 月

に、ハンファグループ傘下のQセルズと

ハンファソーラーワンとの合併によ

り、太陽電池の生産能力が世界最大規模

のメーカーとなったことがあります。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]