「メガソーラー」技術者を養成など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

「メガソーラー」技術者を養成

「メガソーラー」技術者を養成

県内の太陽光発電事業に県内企業の新規参入を促すため県は19日、

玉川村の大規模太陽光発電所「福島空港メガソーラー」で企業の技術者を

養成する講座を初めて開いた。講座は県内3カ所で行う予定。

県内のメガソーラー建設主体は海外メーカーや県外企業が目立ち、

県内企業の参入増が課題となっている。今後は県内企業による継続的な人材育成や

行政側から企業への普及啓発、支援施策が地域経済への波及の鍵を握りそうだ。

県内の太陽光発電施設の施工については、県内企業の参入も

一部にみられるものの、人手不足の状況が続いている。

県は「現場をよく知る地元業者は復旧の土木工事や住宅の新築工事などで

再生可能エネルギー事業まで手が回らず、他県から技術者を

連れてきている」(エネルギー課)と現状を説明する。

講座の開設により県内企業の技術者、参入企業を増やすほか、企業同士の

情報交換や競争による市場活性化を図ることも狙いだ。

県は再生可能エネルギー関連産業を本県産業復興の柱として育て、

他県に対し優位性を持たせたい考え。

研修には、太陽光発電システムの施工、保守管理などの技術習得を

目指す県内の技術者約30人が参加。研修用の太陽光パネルを使い、

土台部分やパネルの組み方を学んだ。17、18日には空港ビル内で

再生可能エネルギーに関する基礎知識、太陽光発電事業のビジネスモデルに

ついての座学も行った。養成講座は10月8~10日にいわき市で開くほか、

福島市、郡山市でも開く。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140920-00010010-minyu-l07

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]