パワーコンディショナーのメンテナンスなど、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーコンディショナーのメンテナンス

太陽光発電システムの主要機器であるパワーコンディショナー、

このパワーコンディショナーのメンテナンスを考えてるユーザーさんは

何人くらいいるのか?

ネットに存在する多くの太陽光発電システムのブログを見ても、

あまり皆さん、関心がないのか見当たりません。

現在、屋内用、屋外用とに分かれていますが、

屋内用は自然対流で冷却出来るように、

PCS下面が、内部の熱を逃がすための給気口になり、

上面に排熱口があります。

屋外用では自然対流や、強制ファン仕様になっています。

「温度上昇抑制機能の理解と対処法」でもご説明しましたが、

半導体素子は稼働すると激しく発熱しますので、

この熱の換気が上手く出来ないと、素子や周辺の関連部品の温度が

過度に上昇してしまいます。

性能や寿命の低下、故障などが生じる恐れがあるのです。


やはり、1年に1回は、PCSのフィルター周り、給気口、

排熱口の清掃はしておいたほうが良いでしょう。

換気フィルターの目詰まりによりPCS内部温度が上昇し

停止してしまった事例も多い。

通常使用であれば、3年間使用すれば、完全に目詰まりしてしまうのですが、

3年目というと、太陽光発電ブログをやっていたりすれば別だが

太陽光発電システム自体に興味が無くなってくる時期でもあります。

誰でも簡単に出来ますし、夏場では性能にも影響してきます。

3年間何もやってなかった・・というユーザーさん、

是非、お掃除してくださいね。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
at 2014/05/17(土) 14:02 |

このコメントは管理人のみ閲覧できます
at 2014/05/18(日) 10:06 |

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。