注意: 固定価格買取り制度(FIT) 設備認定ルール変更など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注意: 固定価格買取り制度(FIT) 設備認定ルール変更

固定価格買取り制度(FIT)の設備認定がルール変更されました。

これから設備認定を申請する方は注意してくださいね。


今回の変更は4月1日以降の認定された施設から適用されますので、

3月31日までに認定された案件は関係ありません。



今までは、設備認定さえ取得していれば、いつまでに着工、連系などといった

期限はありませんでした、そのため、設備認定だけ申請し

モジュールなどのシステム価格が値下がりするのを期待し

未だに着工、用地確保すらされていないといった現状があることから

設備認定は、認定後6ヵ月を経ても、土地と設備を確保できないものは

認定を取り消すことが決まりました。


電力会社の関係などで連系の承諾に通常より時間を要している場合、

被災地の案件で合理的な理由があるものは例外として期間の延長を認める。

認定が取り消された案件は、電力会社に申し込んでいる系統連系枠も解除される。


もう1つは、50KWを低圧と高圧の区分けにしていた為、

例えば、150KWシステムを柵で囲い、50KWシステムを3基設置し

低圧として設置されるような方が多くいましたが、

このような事例も意図的に50KW未満に分割することは認められなくなりました


これから設備認定を申請するかたは注意してくださいね。


このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。