H26年度 太陽光発電システム、買取り価格案公表など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H26年度 太陽光発電システム、買取り価格案公表

H26年度 買取り価格案公表 

住宅用37円、産業用税抜32円

住宅用は、38円から37円と1円下がり、

産業用は、税抜36円から税抜32円と4円下がる方向で決まりそうです。


住宅用に関しては、補助金制度が終了してしまう事と、

H25年度、産業用の全量買取りに移行する業者やユーザーが多かったため、

1円という価格での案がだされました。


産業用は、全量買取りという制度で取り扱う業者、ユーザーが

増えてしまったため、4円という価格での案になりました。


問題とされている、全量買取りの設備認定ですが、

50KW以上の出力のシステムに関して設備認定後、

半年~1年以内に着工するという規定が設けられそうです。

設備認定だけを取得し数年先に施工なんてことは、

不可能になりそうです。

詳しい概要は4月以降でしょうか。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

1年以内に着工して
着工が工事開始かな?
着手だったりして
土地買収交渉開始だったり
途中昼寝して
完了は10年後だったりしてね。
なんせ連系開始から20年保障だからね。

着工も大切だけど完了日縛りをしないと
ザルザルですね。

既存認定は対象内なのでしょうか!

新規認定のみなんて事は無いよね

連系開始で単価決定しないとダメだね。
これでも小さく作って後か増設する事もできるのだから

まぁ半歩前進かな

ザルはざるそばが一番

ぼてちゃん at 2014/03/16(日) 09:43 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。