破損やはり・・・・・、どうして判断できなかったのか?など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

破損やはり・・・・・、どうして判断できなかったのか?

各地にハイペースで建設されている、

野立て太陽光発電システム。


すべてが地元の業者さんで施工してるわけでもなく、

雪の多い地域に、雪を経験したことのない施工業者さんが施工している事例も多い。


これが、2月の大雪によって問題が発生してる事例も報告されています。

問題とは、架台の雪による破損、モジュールの並びが凸凹になった。

架台のビスが緩み、北風で飛ばされそう・・・・。


雪の経験、実績のある地元施工業者さんの話では、

あえて言うまでもなく、

「あの施工では当然・・・。」


「大雪でなくても、同じ結果になるだろうと・・・。」


電気系統ですから、安全を配慮して検討して頂きたい。


雪の多い地域の施工業者さんでも、雪対策はしっかりと

考慮して施工してもらいたいですね。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]