寄棟屋根でも設置が簡単なパワーコンディショナーなど、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄棟屋根でも設置が簡単なパワーコンディショナー

寄棟屋根でも設置が簡単なパワーコンディショナー

オムロンは、太陽光発電システム用の

屋外設置型単相パワーコンディショナー2機種を4月に発売する。

5.9kWタイプの「KP59R-J4」と4.8kWタイプの「KP48R-J3」

4方向に傾斜する寄棟屋根の戸建や集合住宅向けの

パワーコンディショナー。設計・設置をより向上させた

マルチ入力方式を採用。

枚数の異なるモジュールを、回路ごとに入力設定できるので、

従来の昇圧ユニットや接続箱が不要となる。


マルチ入力方式の採用に加え、1回路当たりの最大入力電流を

10.5Aまで増やし、運転可能な電圧の範囲を下限で50Vまで広げ、

パネルの選択やパネルアレーの設計自由度を高めたという。

また、従来のパワコンでは、電力系統側の電圧が規定値を

超えないよう出力を抑制する機能を採用しており、

この機能が電圧調整のため出力を抑制するため、

売電機会の損失につながっていた。

しかし太陽光発電システムの普及に合わせ、売電量への

影響を与えにくい進相無効電力制御を出力抑制制御機能に加えたという。

進相無効電力制御では、電力系統側の電圧が規定電圧になり、

売電量を抑制する機能が働く前に、進相無効電力を注入し、

電力系統側の電圧上昇を抑えるという。

これにより、売電量損失(機会)の低減効果が期待できるとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140210-00000046-impress-ind

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。