2013年度の国内太陽電池市場は、世界トップの導入量になど、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

2013年度の国内太陽電池市場は、世界トップの導入量に

2013年度の国内太陽電池市場は、世界トップの導入量に


富士経済がまとめた「2013年版 太陽電池関連技術・市場の現状と将来展望」

によると、2013年の世界太陽電池市場は、12年の落ち込みから回復し、

金額ベースで前年比17.6パーセント増となる3兆889億円になる見通しだ。

出力ベースでも順調に拡大しており、同じく前年比19.5パーセント増の

41,905MWとなっている。

市場全体としては、欧州は縮小傾向にあるものの、

日本や北米、中国やインドなどの新興国が順調。

また今後の展開としては、日照条件が適するアフリカや南米、



東南アジアなどの地域での需要の増加が見込まれている。

日本の太陽電池市場は、2012年7月に施行された

再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の影響から市場が

大幅に拡大し、それが13年度に反映された形となって、

2013年度の産業用は導入量ベースで前年比7.9倍となる5,500MWとなり、

国内市場全体としては、7,050MWで世界トップの導入量となる見込みだ。

FITの恩恵については様々な意見や推測があるものの、

概ね3年間限定ともいわれており、2015年度以降、

市場は縮小に転じると予測されることが多いようだ。大きな課題は、

買取価格の引き下げと設置場所の不足だ。

公共・産業用は、投資目的で導入されることが多く、そのため、

住宅用と比べて買取価格の引き下げに反応しやすくなってしまう。

買い取り価格が引き下げられてもハードウェアのコストや

工事コストが据え置きでは、成長は鈍化し、縮小に向かうのは避けられない。

工事コストを下げて市場の縮小を回避するためには、大規模な統計資料を作成し、

標準的な工法を開発すること、そしてその工法に基づいて

効率的な作業ができる技術者を育成することが急務となる。
 
設置場所に関しては、飽和状態というわけではなく、

これから開拓すべき分野である。産業施設の屋根だけでなく、

壁面設置など、まだまだ実験段階にあるものが多い。

今後、効率的且つ経済的な技術が実用化されれば、問題は解決されるだろう。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131231-00000008-economic-bus_all

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]