太陽光発電システム、こんなことしても・・・。など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

太陽光発電システム、こんなことしても・・・。

家庭用太陽光発電システム、

導入されている方は、理解しやすと思いますが

パワーコンディショナーには切り替えスイッチがあり、

通常であれば連系になっているはず。

残りは、停止と自立。

メーカーによっては、屋外設置などもありますが。

大半は、以上のような感じになっています。


知人の親戚が太陽光発電システムを設置したらしいのですが、

その、御主人が節電に興味を示し始めたとの事。


その、御主人が何をしているか?と言いますと

夜間は太陽光発電システムは動かないから、

パワーコンディショナーのスイッチを夜になると毎晩、停止にするらしい。

そして、朝になると連系にスイッチを切り替えるのだそうです。



節電の為らしいのですが・・・・。


太陽光発電システムの10KW以上の大型、全量買取りにて設置した方は

わかると思いますが、いくら全量買取りと言っても

パワコンの待機電力代金は請求されます。


切り替えスイッチで、停止させてもパワコンには待機電力は必要となりますから

スイッチを切っても、あまり意味はありません。

電気は通電していますので。




本音を言いますと、正直やめて頂きたいですね、

頻繁に切り替えるスイッチではありません。

壊れやすいということはありませんが、

基本的にはスイッチは連系にしておくもので、

停止からカウントし連系する作業のほうが機器には負担が掛かりますので。

そのままにしておくのが、一番良いと思いますけど・・・。




このエントリーにお寄せ頂いたコメント

私は、OFF.ONの繰り返し暫くやってましたが、めんどくさくなってしまい、現在は連携のままにしてます。
ととっち at 2013/12/01(日) 20:47 | URL

このコメントは管理人のみ閲覧できます
at 2013/12/04(水) 16:28 |

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]