太陽光発電システム増設で20年間買取りに。など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電システム増設で20年間買取りに。

昨年7月より10KW以上の全量買取りがスタートし

10KW以上からメガソーラーまで普及率が物凄いスピードで

増えています。


全量買取りとは、10KW以上で20年間の買取りとなりますが、

一般家庭用では10KW以下9.99KWまでで10年間余剰電力買取り制度の適用となり

全量買取りには該当しません。


10KW以上であれば、全量買取りなのか余剰電力買取りなのかを選定は可能になります。


最近、昨年7月頃に設置した一般家庭用のお客様で、

全量買取り制度を知らなかったという方が多くいることを聞きました。


現実に昨年スタートした全量買取り制度も手探り状態であったために

営業する側、施工する側、電力会社の窓口ですら、

正しく理解できていないといった事例も多くありました。


特に、営業していた業者では、大半が詳しく知らなかったのが実情です。


知っていれば、10KW以上を設置したのに知らなかった・・・。

営業が詳しくなかった・・・。

このような、不満を耳にします。



現在、あまり知られていないようなので・・・。


昨年7月以降設置した方で、一般家庭用10KW以下に該当する方に関して。

その後、増設し10KW以上になった場合、10年間の買取り期間から20年間に延長になります。

ただし、全量買取りではなく余剰電力での20年間となる。


注意点として、

増設し10KW以上にならなければならないが、

システムの低いほうで計算するのでご注意を。


例1

現在:モジュール5KWシステム パワコン4KW

増設:モジュール6KWシステム パワコン5KW   

このような増設では低いほうを計算しますので、

パワコン4KWと5KWで合計9KW

10KW以下のため、10KWには該当しません。



ご注意してくださいね。


上手に活用していきましょう。





このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。