大丈夫ですか?太陽光モジュールの20年保証など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大丈夫ですか?太陽光モジュールの20年保証

大丈夫ですか?太陽光モジュールの保証


太陽電池業界の再編指導意見、近く発表か―中国


中国太陽電池連盟秘書長の王勃華氏は中国で開かれたフォーラム上で、

国務院の方針に基づいて、太陽電池業界の再編を指導する意見が

間もなく出る見通しを明かした。9月18日、第一財経網が伝えた

5-04.jpg

太陽光発電の基幹価格や分散式発電プロジェクトの補助基準などが

明らかになり、中国の太陽発電関連の需要は急速に伸びている。

王渤華氏によると、今年上半期、国内太陽光発電の発電規模は

2.3ギガワットに達したという。

とはいえ、この業界では融資の壁が高いことや生産設備が

深刻な過剰に陥っていることなど、問題も多々あり、

業界環境が好転しているとはいえ、ほとんどの企業が赤字にあるのが現実だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130919-00000012-xinhua-cn



現実問題、中国での太陽電池モジュールは完全に飽和状態になっています。

そのうえ、モジュール自体の出力保証が25年や20年、機器保証が10年などと

言った保証を設けています。

メーカーによっては、保障と謳っていても保証書のような書面は発行せず、

保証はメーカー独自の基準とするといった内容のものや

何も記載の無いものもあります。


中国製が悪いと言ってるわけではありません

日本のメーカーとの考えの違いがあることを理解していないといけません。


保証を適用することが、25年先に発生した時にどうするのか?

その中国製モジュールを取扱いしていた販売代理店が存在しているのか?

中国メーカーが存在してるのか?

メーカーが合併や再編した場合、保証内容はどうなのか?

保証のメーカー独自の基準は大丈夫なのか?

存在しており保証になったとしたら、現在のシステムに対応できる

モジュールを生産しているのか?


言い出したら、山ほどあります。



売電価格、補助金、KW単価が安いなどと言ったことで

飛びつき契約するのではなく、太陽光発電システムが稼働できる期間

安全に機能できるように、あらゆる方向から検討してみる必要があると思います。











このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。