ソーラーフロンティア、メガソーラーマップを公開 全国の設置事例を閲覧可能など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーラーフロンティア、メガソーラーマップを公開 全国の設置事例を閲覧可能

ソーラーフロンティア、メガソーラーマップを公開 全国の設置事例を閲覧可能

SFM.jpg




昭和シェル子会社のソーラーフロンティアは、9月13日より

同社ホームページ上で、日本国内でのメガソーラー(大規模太陽光発電所)の

設置実績をまとめた「メガソーラーマップ」の公開を開始した。

今回公開されたメガソーラーマップは、ソーラーフロンティア製

CIS薄膜太陽電池モジュールが使用されているメガソーラーの

一部を紹介している。マップには北海道から鹿児島まで

日本各地の計101.8MW、45カ所のメガソーラーの情報が盛り込まれている。

マップは誰でも閲覧が可能。今後はその他のメガソーラー事例なども

同マップに随時追加していく予定。CIS薄膜太陽電池モジュールの



導入を考えている事業者等に活用してもらうのが目的。

マップでは、Googleの日本地図にマッピングされたアイコン、

または、都道府県別のリストから施設名をクリックすると、

施設名、住所、発電事業者、運営者、EPC事業者、総出力などの

情報が地図上にポップアップで表示される。

宮崎県において、リニアモーターカー宮崎実験線の高架上約3.6kmに

太陽光パネルを縦列に配置した1MWの宮崎ソーラーウェイなど、

一部のメガソーラーは、同社のプレスリリースへのリンクも

設けられており、詳細を知ることができる。



ソーラーフロンティアは、独自技術で開発した

CIS薄膜太陽電池モジュールを世界規模で生産、販売している。

CIS薄膜太陽電池モジュールは、発電量の多さが特長で

これまで住宅用や産業用を問わず、様々な場所で設置されてきた。

同社は、CIS薄膜太陽電池モジュールを使ったシステム販売、

発電事業などにも取り組んでおり、太陽光発電システムに

関わる包括的かつ付加価値の高いエネルギーソリューションの

提供を目指している。

http://www.kankyo-business.jp/news/005749.php



このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。