施工業者、代理店営業マン必見!こんな客には要注意! あるある編など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

施工業者、代理店営業マン必見!こんな客には要注意! あるある編

施工業者、代理店営業マン必見!こんな客には要注意!


あるある編


今日は、あるある編です。

きっと、太陽光発電システムを販売してる業者さんたちは、

身に覚えがあるのでは?



この、あるある編、某販売代理店など多数の業者さんたちに

聞いてみると、一番多かったのは、

契約寸前に息子が表れて色々言ってくる!!

でした。


事例1

大手販売代理店のF営業部長さんより。

夫婦2人暮らしのS様邸から、太陽光発電システムを自宅の屋根に設置を検討してるので

説明と屋根採寸をして見積もりを出して欲しいとの電話があり、訪問した。

挨拶も兼ねて国内太陽光メーカーのカタログを数社渡し、

簡単な説明をして、屋根は後日、採寸することとなった。

数日後、屋根採寸をし問題なく、希望の4KW前後が設置出来るとの

考えから、S様邸に最適な国内メーカーを選定、見積もりを作成。

アポを取り、見積もりとメーカーカタログを持って訪問。

御夫婦に丁寧に、太陽光発電システムのしくみ、メリット、デメリット、

どうして、このメーカーを選定したのか?などを説明した。

数日後、設置を前向きに検討してるので話を進めて欲しいと電話があったらしい。

数社へも見積もり依頼はしていたらしい。

その後、打ち合わせなど時間を掛けて行い、契約日を決め

契約日に訪問すると、どうも様子がいつもと違っていた。


F営業部長とこの販売代理店に疑問を持ったと言い出したらしい。

詳しく話を聞いてみると、週末に同居していない息子夫婦が来たとの事。

息子夫婦は車で1時間位の場所に住んでるらしい。

息子夫婦に太陽光発電システムを設置することを伝えたら、

見積もりを見せてくれと息子が言い出したので、

F営業部長の作成した見積もりを渡した。


息子が言い出した言葉が、あやしい!!だった。


太陽光発電システムの、見積もりの作成方法は

KW単価でしかないため、非常に簡単にカタログの定価で表示し

すべての合計からKW単価へ合わせて値引きをする場合と、

カタログから部材をそれぞれ値引きした金額で作成する場合と

2種類ある。

どちらで提出したかは、聞いてませんが。


その後、息子が言い出したことは、

F営業部長も同僚も予想していたこと。


他の〇〇メーカーのほうが変換効率が良い、モジュールの発電量が高い!!だった。

良くある典型的なパターンだった(笑)


このメーカーを、F営業部長さんが選定した理由は、故障が少なく安定して

発電するようにシステムを組める。

バラつきが少なく年数が経過してもある程度、予測通りに推移できる。

屋根への設置での家への影響が少ない。


息子が比べて、言い出したメーカーは・・・・。

名前は公開しませんが、海外製のモジュールでPCSはメーカー不明。


モジュールは選定した国内メーカーより発電量は高いようだが・・・。


単純に金額だけ比べてしまえば、息子が言い出した海外メーカーのほうが

断然安い!!


F営業部長と息子との話合いでは、やはりというか

モジュールの変換効率、発電量がF営業部長が提案したメーカーより高いのが

大きな理由。


結局、契約は保留となってしまったようです。


このF営業部長さんの所属する会社では、当然、もっと安い海外メーカーも

取扱いしています。

息子が言い出した言葉通りであれば、海外製のもっと金額の安いシステムを

提案することも可能なのですが、

この、F営業部長さんは先の先まで考慮し、設置するだけでなく

設置後、数年後でもお互いが納得するシステムを設置したいという

考えがあるのです。

海外性が悪いと言ってるのではありません、

安ければ良い!という安易な考えではないのです。



太陽光発電システムを販売してる営業さん、

契約寸前、ちょっと知ったかぶりの息子が出現し、

自分の知り合いに頼むとか、初心者レベルの知識を

言いだしてキャンセル。

こんな経験があるのではないでしょうか。













このエントリーにお寄せ頂いたコメント

沙良さん♪ こんにちは~

なるほどぉ
普段聞きなれた会話とか、ブログ記事とは逆の目線で面白いですね!

訪問販売の場合こういった息子や知人から色々言われたりして、キャンセルになるケースってどうやって繋ぎ止めるのですか?
それとも、深追いはしないのでようか・・・。

「知ったかぶり」のお客様対策もあるのでは?!

もしも、私が「知ったかぶりのお客」だったら、
営業マンから「凄い! 詳しいですね~♪」
「そこまでご存知でしたか~!」とか、
アゲアゲで攻められたら──────────
気分良くして買っちゃうかも~(笑)

べべべ at 2013/07/29(月) 17:30 | URL

べべべさん、コメントありがとう♪

ベテラン営業マンなら効率を考えて、時間掛けてもキャンセルになる確率が
高いなら、他のお客さんへ営業するそうです。
知ったかぶりのお客さんには、そのお客さん次第みたいですね。
たしかに、褒めていい気分にして買ってもらうのも
作戦の1つですね。
沙良 at 2013/07/29(月) 18:47 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]