太陽光電池、保守と工場・店舗に活路 住宅向け需要伸び鈍化など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

太陽光電池、保守と工場・店舗に活路 住宅向け需要伸び鈍化

太陽光電池、保守と工場・店舗に活路 住宅向け需要伸び鈍化


太陽光電池各社が、住宅の屋根用パネル向け以外の需要や

関連事業に目を向け始めた。

再生可能エネルギー全量買い取り制度に基づく

太陽光発電の買い取り価格が下落し、住宅向け需要の伸びが

見込みにくくなっているためだ。

シャープは大規模太陽光発電所(メガソーラー)などの

保守事業に進出。パナソニックは工場や商業施設の屋根需要に

活路を求めている。

シャープはメガソーラーの太陽光パネルを自動洗浄する

ロボット掃除機を開発した。1時間に約1800枚を洗浄する。

2014年度前半の実用化を目指し、タイに建設した

メガソーラー(出力84メガワット)で試験を進めている。

同発電所では、3万枚のパネルを50~60人体制で

約20日間かけて洗浄してきた。ロボット掃除機を6台導入したところ、

15人前後でも同じペースで洗浄でき、作業効率は3倍に向上した。

砂漠がある中東地域のほか、黄砂に悩む中国、

花粉の飛散が多い日本などで需要を見込む。

保守業務などの受託を拡大し、収益に結びつける計画だ。

 パナソニックは今月、

産業用の太陽光パネル「HIT(ヒット)238A」を発売した。

工場やマンション、商業施設などの屋根に特化した商品だ。


http://news.goo.ne.jp/article/businessi/business/fbi20130725006.html


以前より、警告していますが、

ブームで始めた業者さんたちは、危機感をもったほうがいいですよ!




このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]