「太陽光」偏重、維持に限界 負担増の問題点も鮮明に 買い取り制度発足1年など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「太陽光」偏重、維持に限界 負担増の問題点も鮮明に 買い取り制度発足1年

「太陽光」偏重、維持に限界 負担増の問題点も鮮明に 買い取り制度発足1年


太陽光や風力など再生可能エネルギーで発電した

電力の買い取りを大手電力会社に義務づけた

「固定価格買い取り制度」が7月1日で発足から1年を迎えた。

この間、運転を始めた再生エネルギーの発電施設は

国内最大クラスの原発1基分以上に達し、制度導入が追い風になった。

ただ、買い取り価格が高めに設定された太陽光発電に集中しており、

電力会社の買い取り費用が電気代に転嫁されて

国民負担が増大する問題点も鮮明になっている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130701-00000006-fsi-bus_all

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。