施工業者、代理店営業マン必見!こんな客には要注意!その2など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

施工業者、代理店営業マン必見!こんな客には要注意!その2

施工業者、代理店営業マン必見!こんな客には要注意! その2


「我が家、又は、私の会社は非常に目立つので、絶対に宣伝になるから

 特別に安く設置してほしい」 という客





★ 特徴 ★

 販売者側(営業)の話は聞こうとはしないで、

 自分の話ばかりを一方的にしてくる傾向がある。

 営業マンが話し出しても、すぐに覆いかぶせて

 話をしてくるため、会話にはならない。

 今すぐにでも契約するような言い方をする。

 最終的には、理由も不明のまま契約とならないか、

 キャンセルとなる場合がかなり多い。

 販売者側(営業)からすれば、関わらないほうが安全である。

 一方的にしか話さないので、営業の言ってる意味を理解できていないので

 大半がクレームとなる。


★ 販売者側から見方 ★ 

 申し訳ないが、宣伝になんかならないし、なるわけもない。

 宣伝になると思ってるのは本人(客)だけであり、

 営業マンからすれば、どうでもいい話。



 これが、公共施設や企業の建物で、大人数が出入りする場所であっても

 宣伝にはなるかもしれないが、特別に値下げして

 設置した業者が恩恵を受ける確率は低いのです。


 長く営業をしてる営業マンであれば、一度は経験ある事例ではないでしょうか?


 その目立つ場所にある太陽光を見たから、その設置した業者を指定で

 設置したいなんて言う客は、皆無である。



★ 販売者側の注意事項 ★


 契約日などを決めていても、理由もなくキャンセルになる確率が

 非常に高い。

 豹変したように、「やらない」「やめた!」と一言だけ、

 こんな事例が多いのです。

 ベテラン営業になれば、案外、警戒しやすいかもしれません。

 理由もなくキャンセルになり、やっぱりね(笑)

 こんな話を良く聞きます。


★ 設置後のクレームの確率 ★


 クレームの確率はかなり高確率で発生しています。

 注意しましょう。

 聞いてないとか、説明を受けていないなどのクレームが大半。

 特徴でも話したように、一方的に自分の話しか言わないので

 聞いていないのが理由。

 注意事項を文面に残し、サインをもらうくらい入念にしたほうが

 安全です。



★ 消費者、設置するお客様へのアドバイス ★

 失礼な事ばかり書きましたが、

 宣伝になると思ってるのはお客様だけであり、業者、営業マンは

 宣伝になるとは思っておりません。

 販売者側(営業)から考える、宣伝になるという意味は、

 自分たちの売り上げアップに繋がることです。

 その設置場所を見て、他社で施工されては意味がないのです。

 値下げの幅から考えて、例え1,2件程度宣伝となり設置しても

 利益が取れる可能性は低いのです。


 注意点として、この事例を逆手に取り、

 宣伝になるから安くするので設置してほしいという商法の営業がいます。

 これは、ただ単に売りたいだけの名目です。

 
 営業マンに宣伝になるから!と値下げ交渉するのは逆効果です。

 宣伝になるか?ならないか?は販売者側が決める事。

 社交辞令で目立ちますからね~なんてことは言いますが、

 本気にしないことです。

 

 

 

 

 

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]