太陽光発電システム、オプティマイザー導入できるか?!など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

太陽光発電システム、オプティマイザー導入できるか?!

太陽光発電システム、オプティマイザー導入できるか?!


先日からブログで書いているが、いざ実家に太陽光発電システムを導入と決定すると、

本当に色々と余計なことを考えてしまっている。


太陽光発電システム遠隔監視システムも、その1つなのだが、

オプティマイザーに関しても気になっている。

これは、数年前から考えていたのですが・・・。

なんとか、出来ないものか?と・・・。


私のブログに訪問してくれてる方は、このオプティマイザーを知ってると思いますが、

念のため説明しておきますと、

太陽光発電システムの生命線である、太陽電池モジュール。

このモジュールも永久に故障しない訳でもありません。まれに1枚のモジュールが

故障した場合、その系統全体に影響が発生し出力を大幅に低下させてしまいます。

これが、20枚前後の一般家庭用ならまだしも、メガとなると大変なことになります。


そこで、各パネルごとに、現在の出力がどうなっているかをチェックし、

モニターできるようにしようというのが、

「オプティマイザー」と呼ばれる機器なのです。

各パネルに搭載し、その出力を計測し、無線で飛ばすというもの。

これだけでなく、各パネルの出力の最適化をはかり、

ほかのパネルと系統を組んだ際に、最大の出力が得られるように

調整することが可能。

これによって、ばらつきのある各パネルの出力を調整し、

最大で数10%の出力向上が図れる。

火事や地震といったトラブルが発生した際に、

出力を止めることができるなど安全性の面でも大きな威力を

発揮します。


太陽光発電システムの発電能力を最大限に引き出す
優れたアプローチ

独立オプティマイザー技術(IndOPTM)― あらゆるパワーコンディショナーと共に動作し、
追加のインターフェース ハードウェアが不要

最大25%の出力増 – モジュールレベルのMPPT がモジュールミスマッチによる
パワーロスを解決

ソーラーエッジのパワーオプティマイザー

これからは、主流になっていくような気がしますが・・・。





このエントリーにお寄せ頂いたコメント

はじめまして。キュート発電所のカールと申します。
 突然ですが、ご教示いただきたいことがあり、この欄をお借りしました。(Atenさんから、コメントいただきここに来ました。正直、このブログは私には難しいです。)
 問題なかったsanyoモニタがcis増設で発電を開始したのち、発電量表示をしなくなっています。(cisモニタは表示します。)
 sanyo通信ユニットと表示モニタを有線で接続してみる方法をご存じないでしょうか。LANケーブルの差込は見つけて、線は差し込みましたが反応無しです。
カールさん at 2013/02/15(金) 18:18 | URL

はじめましてコメントありがとうございます。いきなり難しい質問で驚いてます(笑)

SANYOとフロンティアのパワコンは、たしか中身はオムロン製だったような気がします。
色んなメーカーに関わってると、忘れてしまって・・・違ってたらごめんなさい。

まったく同じ位置でのCTで、計測方法も同じならば、問題ありませんが、
発電量計測方法とモニターへの表示計算が異なるのでエラーとなります。
消費と買電は、1次側でのCTなので問題ありません。

sanyo通信ユニットと表示モニタを有線で接続してみる方法という事ですが、出来る場合と出来ない場合があります。
一旦、コンセントも一定時間抜き、リセットで、SANYO側のモニターを再設定してみてください。
コメントにあるように有線で繋げた場合、DIPスイッチは有線に切り替えないといけません。メーカーによっては、パワコンや送信ユニットにもDIPスイッチがある場合もあります。
ちなみに、接続しなおした場合、一旦リセットし再設定が基本です。

計測、表示は同じ方法で処理しないとエラーになる原因となります。

以前、増設したとき、CTの取り方が違うシステムのため、全く違うメーカーのモニターを用意し
取り付けたことはあります。
三菱電機製のエコガイドTVは他社のパワコンにも取り付け可能の場合もあります。
確認は必要ですが!!

それか、産業用のような計測システムを入れて、系統別で確認するか?になります。

モニター自体は、そんなに難しいものでもありません。

電流の流れの方向を検知し、モニターに数値化すると考えてください。

私も、色々忘れてしまっているので思い出してみますね。
沙良 at 2013/02/15(金) 22:58 | URL

追伸:

ちょっと気になったのですが、増設してから両システムのモニターを一旦リセットし、
再設定してから、確実に負荷を掛けましたよね?

CTに、電流の方向を検知させましたか?


沙良 at 2013/02/15(金) 23:09 | URL

あと、2システム別々にモニターを確認してみてください。
まず、三洋を連系停止させ、フロンティアでモニターが正常なのか?
この段階でおかしければ、まずはフロンティアのモニターを正常に。
その後、フロンティアを連系停止させ、三洋でモニターが正常なのか?
両方、別々で問題なければ2システム連系し2モニターの確認を!
そこで、コメントにある現象が発生すれば検出のエラーですね。
先ほどのコメントの通りです。
まずは、別々であれば正常なのか?です。
沙良 at 2013/02/15(金) 23:24 | URL

沙良さん

 ありがとうございます。いろいろとあるんですね。
 CIS増設時は立ち会ってないためどんなことをしたのかわかっていません。
 2システム別々に運転するところから調べてみます。
 
カール at 2013/02/16(土) 21:02 | URL

そうですね。増設しておかしくなったなら、
とりあえず2システム別々にモニターを確認するのが基本です。
どちらのシステムに問題があるのか?2システム稼働で問題が発生
するのか?しないのか?
モニター有線接続も1システムのみ稼働で設定になります。
DIPは有線に切り替えしないといけませんが、どのスイッチか忘れてしまったので
説明書で確認を!必ず負荷は掛けてください。
沙良 at 2013/02/16(土) 21:30 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]