太陽光発電「高すぎる」買い取り価格 13年度から値引き下げへなど、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電「高すぎる」買い取り価格 13年度から値引き下げへ

太陽光発電「高すぎる」買い取り価格 13年度から値引き下げへ

再生可能エネルギーで発電した電気の固定価格による全量買い取り制度で、

経済産業省は太陽光発電の買い取り価格を、2013年度から引き下げる方針を固めた。

 2012年度に導入した太陽光発電の買い取り価格は、1キロワット時42円。

これを37円前後に引き下げるという。太陽光発電の買い取り価格は当初から

「高すぎる」と批判があった。

■太陽光パネルが値下がりした

 経産省は2013年1月21日の調達価格等算定委員会で、

13年度の買い取り価格を議論。太陽光発電の価格は、太陽光パネルなどの

設備価格の値下がりを反映してやや引き下げ、また風力発電や地熱発電などは

導入実績が少ないことなどから、価格を据え置く方針を固めた。

 再生可能エネルギーでつくった電力は電力会社が固定価格で全量を買い取る。

買い取り価格の算定は、発電設備の建設費や運営費などに加え、

利益率を原則6~8%上乗せして決めるが、普及を促すために利益率を

高めに設定していることから、年度ごとに見直すことにしている。

 12年度に1キロワット時42円としている太陽光発電の買い取り価格は、

「実態調査をすると太陽光の発電設備の価格は相当下がっている。

(13年度は)30円台後半に引き下げることができる」、茂木敏充経済産業相はそう述べた。

 背景には普及の拡大と、太陽光パネルの値下がりがある。

なかでも、世界シェア7割を占めるとされる中国勢の供給超過による

「値崩れ」の影響は大きい。

 経産省の試算によると、住宅用太陽光発電の設備費用は、

12年度は1キロワットあたり46万6000円を想定していたが、

12年10~12月は42万7000円だった。

メガソーラー(大規模太陽光発電所)も32万5000円から28万円に下がった。

土地代や修繕費は据え置く見通しだが、これらを反映した場合の買い取り価格は

1キロワット時37円前後になるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130122-00000004-jct-bus_all

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。