大型太陽光の固定資産税など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型太陽光の固定資産税

7月1日よりスタートした、全量買取り。

太陽光発電システムの10KW以上のシステムが42円で20年間の買取りとなります。

全量買取りと言っても、余剰電力でも可能です。


忘れてはならないのが、全量買取りの場合、事業収入とみなされ

固定資産税がかかります。

この、固定資産税を知らない業者さんや設置されるお客様がいらっしゃいます。


購入金額の1.4%が法定償却年数17年かかります。


市町村の納税の担当者でも把握できていない事もあり、

設置される方が、確認してみることをお奨めします。


ある市町村では、自宅に設置する場合、後付けなどの架台固定の場合は固定資産税は

必要なく、新築で屋根材一体型の場合、必要となるとのこと。


当然、アパート、野立て、会社などは、かかりますとの事でした。


7月のスタート前には、固定資産税は掛かると説明を受けたのですが、

少し違ってきたりしているようです。


各、市町村で必ず、確認してください。




このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。