系統連系とは。など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

系統連系とは。

系統連系とは。

太陽光発電を設置している方は当然、聞いたことがありますよね。

前回のパワーコンディショナーの変換効率などと同様に間違った知識や

知ったかぶりは、もうやめましょう。

パワーコンディショナーからの出力を送電網(電力線系統)に繋ぎ、

太陽光発電の電力を電力会社に売電(供給)するのが、逆潮あり系統連系と言います。

逆潮流とは、通常の電力の流れとは逆の流れがありますよという事。

水の流れと同様に流れの強い方向に電気は流れます。逆流という事です。


この系統連系は、電圧や、周波数と位相の整合を考慮しなくてはなりません。

交流の周波数と位相が違うと繋げないのです。

波が合わないとダメという事です。


知ってましたか?


交流は、時間とともに正弦波の形でプラス・マイナスが変化するのです。

この繰り返し頻度を
周波数

マイナスからプラスへの変化のタイミングを、 位相



パワーコンディショナーの変換効率 その2 で交流のことを説明してありますので

1度見てみてください。


もし、系統がプラス時に、インバータ出力がゼロだと、系統の電圧をショートしてしまいます。

系統がゼロのときにインバータ出力がプラスであれば、インバータが壊れてしまいます。


パワーコンディショナーの変換効率 その1でも、説明しましたが、

インバータは直流を交流に変換するとき、トランジスタのスイッチで極性を切り替えて

います。

この切り替えのタイミングを送電網から交流位相検出し、タイミング信号を発生させ

この、タイミング信号に合わせるようにすれば、周波数、位相ともに

そろうという仕組みになっています。





このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。