太陽光発電と冬至の関係など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

太陽光発電と冬至の関係

[太陽光発電システム] ブログ村キーワード

12月になりましたね!

今年もあとわずかです。

この時期の太陽光発電の発電量は経験上あまり良くはないはず。

天気も良い日も少なく、太陽の位置も低くなり日の入りも早くなっています。

霜もあったり、夕方17時になれば、真っ暗です。

12月21日頃は、冬至ですからね。

設置されて毎日、発電量を調べているかたには、面白くないかもしれませんが、

逆に、この時期にしか調べられないことだってあるのです。


太陽の位置が低いですから、傾斜角度との関係や、

陸屋根設置で架台を使用し前後に並べている場合、

この時期に日陰にならなければ、1年中問題なく太陽の光がモジュールに届くことが、

解ります。

この冬至の時期に前後に架台を使用し設置していて日陰になるのなら、

冬の太陽の照射を考慮していなかった施工となります。


にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村










このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]