10KW以上の太陽光発電システム償却年数は?など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10KW以上の太陽光発電システム償却年数は?

[太陽光発電システム] ブログ村キーワード

最近、話題の10KW以上全量買取りに該当する太陽光発電システムですが、

質問もかなり多くあるので、皆さん気にされているのでしょう。


その中でも、間違いの多い質問では、

「家庭用のメガソーラーに関して」なんて質問をもらいます。

そもそも、メガソーラーが家庭用?なんて思ってしまいますが、

勘違いしてるのでしょうか?メガとは1000KWですからね!

一般家庭で1000KW以上のシステムを検討してるとなれば、すごい事です。

もう1つ、

実際、全量買取りに該当した場合、機器の償却は何年位なのでしょうか?

低圧、高圧でも違うのですが、

解りやすく低圧でお話をすると、単純にシミュレーションから売電金額を

割り出し計算すると、平均7年前後になります。

20年買取りなので、7年前後で償却で残りの年数が収入となる計算になります。

しかし、現実には違います。

システム金額以外に、電力会社に支払う必要経費、

固定資産税、20年間に発生すると予想されるパワコンの交換及び修理費用、

現金払いでなくローンでの返済の場合の金利、

保守点検費やその他など、

すべて計算すると、12年位になるのではないでしょうか?

地面に設置する場合は、地盤改良、基礎、外構、電柱・・。

高圧ならば、法律で決められてる保守点検費、電力会社へ支払う、

竣工点検費、協議代金・・・。

結構、費用がかかるのです。

単純に、売電金額からシステム金額を計算して年数を割り出してしまうと

大変なことになってしまいます。


にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村








このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。