<関西電力>3カ所目の風力発電所を検討 和歌山・白浜など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

<関西電力>3カ所目の風力発電所を検討 和歌山・白浜

<関西電力>3カ所目の風力発電所を検討 和歌山・白浜

関西電力は13日、新たに和歌山県白浜町で同社で

3カ所目となる風力発電所(風車3基、出力計6000キロワット)を

建設する検討に入ったことを明らかにした。東京電力福島第1原発事故の

影響で、原発比率が高い関電は電源構成の見直しを迫られるのは必至。

今年7月に導入された再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度は関電も

利用可能で、風力や太陽光などの強化を急ぐ。

この日、関電で初の風力発電所である兵庫県・淡路島の淡路風力発電所

(同6基、同計1万2000キロワット)を報道陣に公開した。

7月から試験運転を始めており、運営子会社、関電エネルギー開発(大阪市)が

関電に1キロワット時当たり23.1円で売電している。

総工費は34億円だが、買い取り制度によって収益性は確保できるという。

年間発電電力量は約2000万キロワット時で、一般家庭約5000世帯の

年間使用量に相当する。来年2月に本格運転を開始する予定。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121113-00000081-mai-bus_all

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]