太陽光発電:校舎の屋上貸し出しへ など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電:校舎の屋上貸し出しへ 

[太陽光発電システム] ブログ村キーワード

太陽光発電:校舎の屋上貸し出しへ 県、事業者に--きょうから公募 /岐阜


県は10日、県立高校の校舎の屋上などを太陽光発電の事業者に

貸し出すと発表した。11日に公募を開始する。県によると、

太陽光発電のために公的施設の屋根を貸し出す都道府県は、神奈川、

福岡に続いて3番目。県は災害時の非常電源としても期待を寄せている。


対象は6市1町の8校11棟。設置面積は450~1300平方メートルの

計5350平方メートルで、すべてで発電すれば、一般家庭180~190世帯の

年間電力消費量に相当する630キロワットの発電が可能という。

太陽光パネルの設置に耐えうる強度がある校舎を対象とした。

今後は体育館などの施設も活用できるか検討する。

また、大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の設置場所として、

美濃加茂市の県有地「牧野ふれあい広場」の一部(5・3ヘクタール)も

貸し出す。発電出力は2メガワット(2000キロワット)を見込む

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121011-00000157-mailo-l21

私は以前から、太陽光発電システムの屋根貸しは知っています。

最近は、県、市町村レベルが行っているようで盛んにニュースになりますが、

以前は(現在もあります)、NPO法人、小さな企業が取り組んでいました。

資料請求で調べたこともありますが、正直、よくわからなかった。

15年以上携わってる、私が意味不明なのに、他の方は概要、システムは理解できたのか?

今でも疑問。

リスクしか無いような・・・問題が発生した時どうするのか?

たしか、借りるほうは、5年間、10年間とか期間があり投資金額も

期間によって違いました。

その投資した期間で元が取れる計算になっていたような・・・。

ちょっと忘れてしまってごめんなさい。

5年間分投資して5年で元が取れて終了。こんな感じだった気がします。

たしかに、損はしないかもしれないが、元取って終了なら、何の意味があるの?

エコの為?地球環境問題?

それともボランティア?

元取って終了なら現金で持ってたほうが良くないですか?!!

こんな企業やNPO法人もあるんです。納得してから投資しましょう。

県、市町村なら安心ですね!

どうででしたか?ポチっと押してね!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ





このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。