太陽光発電、中国製ソーラーパネル 品質など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

太陽光発電、中国製ソーラーパネル 品質

[太陽光発電システム] ブログ村キーワード

経年劣化激しい中国製ソーラーパネル 10年後に出力50%にも

今は安価な中国製が世界市場を席巻し、日米欧のメーカーはシェアを

奪われ続けた苦い歴史を持つ。日本国内で続々と建設されている

太陽光発電施設にも中国製が採用されるなど苦戦が続くが、

ある実験データによると、実は中国製のソーラーパネルは経年劣化が激しく、

10年後には出力が50%くらいに低下するのではないかと懸念されている。

 それに比べると、日本の太陽光発電技術は非常に優秀だ。京セラや

シャープや矢崎総業などの日本製は、経年劣化が圧倒的に少ないことが

実証されている。その高い技術力を、中国に模倣されることなく維持できるかが問われている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121007-00000023-pseven-soci

数年前に中国製メーカーのモジュールを調べた事があります。

その時は、たしかに品質に問題があったような記憶があります。

設置当初は良いのだが数年経過すると急激に発電効率が悪くなる。

国内では怖くて取扱いなんて出来ないだろうという判断になった。

現在は、解らないが、10年位使用できれば良いとの考えで作られてるような

事も聞きました。

これから先はどうなんでしょうか?

ポチっと押してね!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ


このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]