メガソーラー建設ラッシュ!!本当に大丈夫?皆さん、何も思いませんか?など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

メガソーラー建設ラッシュ!!本当に大丈夫?皆さん、何も思いませんか?

[太陽光発電システム] ブログ村キーワード

毎日のように、メガソーラー建設のニュース!!

国内各地、メガソーラー建設ラッシュ!!


本当に誰も何も思いませんか?


以前、ブログで「メガソーラー設置への反対意見も!!大丈夫なのか?」と、いうタイトルで

色んな問題点を書きました。

太陽光発電関連の仕事に就いてた、私が言うのもおかしいが、

本当に大丈夫なのだろうか?

皆さんは、何も本当に感じず、何も思わないのか?

非常に不思議に思います。

実際、メガソーラーを近くで見る機会があれば、ぜひ見学してみてください。


本当に電力不足は補えないのか?

自然の生態系、地球温暖化、20年後のモジュールなどがゴミとなるのか?

リサイクル出来るのか?

色んな事が気になってしまいます。

脱原発を盾に、儲けに目が眩んでるようにしか見えないのです。

それも、メガソーラークラスは小さい業者では設置は不可能です。

大手メーカーでなければ出来ません。

メガソーラーが増えると国民負担は大きくなるのです。

日本は、以前、太陽光発電システムに関しては世界トップクラスだった。

しかし、いつの間にか、ドイツに抜かれてしまった。

理由は、買取り価格の引き上げ!!

現在の、日本が始めた固定価格買取り制度を早く導入していたのがドイツ!!

それで、太陽光発電が一気に普及したのです。

日本もドイツを真似て、7月より固定価格買取り制度を導入しました。

何年も前から、関係者の間ではドイツを真似て、ドイツを再び追い越そうなんて

言われておりましたが、やっとスタートという感じだった。

しかし、

ドイツでは、再生可能エネルギー法の見直しが決定。

太陽光発電の買取制度を大幅に修正することが決定したというのだ。

国民負担が非常に大きくなっていることが理由。

シュピーゲル誌は「太陽光はドイツ環境政策の歴史の中で

最も高価な誤りになる可能性がある」と指摘している。

ドイツは膨大な太陽電池を導入した結果、固定価格買い取り制度(FIT)が

維持できなくなり、崩壊寸前とまで言われている。

実際のところは、わからないが言えることは、

設置する人達だけが利益を得ようと建設しているのなら問題だ。

脱原発は私も賛成。

ただ、将来の国民生活のことを考えず、脱原発を正義の盾に建設しまくるのは、

どうなのか?

もっと冷静に判断し対応してもらいたい。


皆さんは、どのように思いますか?ポチっと押してね!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ




















このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]