必見!!太陽光発電システムを長持ちさせる秘訣とは?など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

必見!!太陽光発電システムを長持ちさせる秘訣とは?

[太陽光発電システム] ブログ村キーワード

太陽光発電システム、現在、誰もが興味ある分野かと思いますし、

設置される方も年々増えてきています。

その太陽光発電システムですが、巷では「メンテナンスフリーなので

安心してください!」などと営業さんが言ってるのを耳にします。

実際は、どうなのでしょうか?

たしかにメーカーでも具体的にメンテナンスが必要とは言っておりません。

しかし、当然、機械ですから故障が無いとも言えませんよね!

では、長持ちさせるにはどうしたら良いのでしょうか?

やはり定期点検は絶対必要だと、私は考えます。

一般家庭用は大半10年保証が付いています。

日々の点検で少しでも変化があれば発見できるのです。

太陽光発電システムは〇系統などと、そのお宅のシステムによって繋ぎ方が

違います。

定期的にシステムの電圧を測れば、以前と明らかに電圧がおかしいとか、

1つの系統が機能してないとか、故障が発見できるのです。

その為には、年1回でも施工してもらった業者に総点検してもらうように

お願いしておくと良いでしょう。

パワコン周りの掃除も忘れずに!!シャープ以外は室内用です。

予想外にほこりがたまり熱がこもったり、油でベトベトになってしまいます。


詳しくお話すれば、施工業者が倒産や撤退してしまう可能性もありますから、

図面は必ず保管しておくことをお奨めします。

図面と言っても太陽光発電には2種類の図面があります。

営業図面と施工図面。

営業図面とは営業用で屋根寸法から設置のレイアウトなどがお客様が、

イメージできるように作ってあります。

施工図面とは、実際のモジュールなどの配線の繋ぎ方や配線ルート、系統など、

施工するときに使用する図面となります。

故障個所を見つけたりするのは施工図面があれば完璧です。

万が一、施工した業者と数年後連絡が取れなくなっても、この施工図面があれば、

取扱いできる他の業者に見せれば、どのように設計してるかが解るのです。

メーカーに修理依頼しても、設計してるのは販売代理店ですから、

施工図面があるのと、無いのとでは違ってきます。

施工した業者にお願いすればすぐにもらえるでしょう。

私が知ってる限り、17年前に当時取扱いのあった販売代理店さんが、

設置したお客様は、現在1度も、故障もなく動いています。

その当時、定期点検制度なんてありません。

遠い記憶で、販売代理店さんが訪問したときに簡単でも良いので

点検をすることを勧めたのは覚えています。

しっかり、今も点検してくれているようです。


勉強になったかな?ポチっと押してね!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ











このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]