太陽光発電システムを、設置検討中の方へ。など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電システムを、設置検討中の方へ。

[太陽光発電システム] ブログ村キーワード

今日は、太陽光発電システムを検討中の方へ、

一般家庭用の太陽光発電システムの現在の制度は、余剰電力買取り制度となっております。

この余剰電力買取り制度とは、設置した発電システムで電気を作り、

自家消費の電気を補い、余った場合、高く買い取ってもらうという制度。

検討中の方が気になることは、自分の家の月々の電気代金は明細で判るが、

「実際どのくらい補えるのか?」「売電できるのか?」でしょうね。

ここでの判断方法をお話します。

月々の電気代金は電力会社から送られてくる明細で確認しましょう。

使用電力の電力量も表示されているはずです。

次に、重要なのが昼間の電気をどのくらい使用してるか?なんですね!

この昼間の電気の使用量によって売電金額も当然変わってきます。

この昼間の電気使用量ですが、エコキュートや電気温水器などの

電気でお湯を作るようなものが設置されてるお宅に関しては、

何時から何時までは、どのくらい使用したか表示されています。

エコキュートなどの場合、契約プランで3時間帯別などに料金体系が変わるため、

表示されているのです。

ただし、通常の従量電灯契約の場合は、昼間も夜間も料金体系が変わらないため

表示されておらず、わかりません。

そこで、昼間の電気代金の目安ですが、

月の電気代金の20%~25%くらいが昼間の電気の使用分と言われています。

あくまでも目安ですが。

1か月 1万円の電気料金だった場合、1万円の25%で2500円位が昼間の電気代金と

予測が出来ます。

残りは夜間の電気代金という目安になるのです。

代理店の営業さんが持ってくるシミュレーションをすべて正直に信用しては、

いけません。

しっかり細かく分析すると、・・・・。という所もあるのです。

設置前に自分でも研究してみてくださいね。


気に入ったら押してくださいね。
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村








このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。