太陽光発電量、KWとKWh 理解してますよね!?など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

太陽光発電量、KWとKWh 理解してますよね!?

[太陽光発電システム] ブログ村キーワード

太陽光発電システムに良く出てくる、KWとKWh 

色んな太陽光関連のブログで見かけます。

でも、時々目にするのが、KWとKWhって理解してるのだろうか?というブログも結構多い。

読み方も知らない方がいるようです。

KW=キロワット  KWh=キロワットアワー  

このように読みます。

太陽光発電システムから話を進めれば、

KWとは、そのシステムのある瞬間の出力値、瞬間に最大でどれくらい発電できるのか"を表す値

KWhと、は電力の単位であるkW(キロワット)と、

時間の単位であるh(時間)を組み合わせた単位。つまり1時間の仕事量(発電量)になります。

例えば、太陽光発電 4KWシステムの場合。

1時間で100%の場合 どのくらいの電気を作れるシステムという意味になります。

5時間だった場合、4×5=20KWh という事になります。

単純に積算だけで理解すると見えてこない部分もあります。

このように考えると、前回のブログで私が、

「太陽光発電は、MPPT(最大電力点追従)が重要となる」

http://shouene94.blog.fc2.com/blog-entry-117.html

と、書いた意味がわかってくるのではないでしょうか?

朝夕、曇りの時の発電量が、1年間では大きな差となります。





このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]