原発ゼロ 暮らしの負担、さらに重く 電気料金や光熱費、2倍に、一般家庭へ、かなりの負担となってくるのです。など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

原発ゼロ 暮らしの負担、さらに重く 電気料金や光熱費、2倍に、一般家庭へ、かなりの負担となってくるのです。

[太陽光発電システム] ブログ村キーワード


原発ゼロ 暮らしの負担、さらに重く 電気料金や光熱費、2倍に

戸建て購入費、数百万円上昇

原発稼働がゼロになることで、国民負担が増すことは避けられない。

政府の試算では、2030(平成42)年に原発ゼロにすると、

電気料金や光熱費は最大で2倍に上昇する。これまで以上に省エネが

求められるうえ、高額な設備の導入も義務づけられ、

国民は重い負担を強いられることになる。

原発の稼働を止めることで、暮らしを直撃するのは電気料金だ。

政府の試算によると、30年にゼロになった場合、電気料金は月9900円支払っている世帯で、

30年に最大2万712円まで上昇する。

 火力発電への依存が高まり、化石燃料の購入費用が増えるほか、

太陽光や風力など再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度で電力会社が

再生エネ事業者から買い取った費用が電気料金に上乗せされるためだ。


再生エネによる電力供給が増えれば増えるほど電気料金が上昇してしまう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120915-00000098-san-bus_all

太陽光発電システムに関わってきた、私が言うのもおかしい話なんですが、

太陽光や風力など再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度で電力会社が

買い取った費用が電気料金に上乗せされているのです。

一般家庭へ、かなりの負担となってくるのです。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]