元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

本当のモジュールの劣化の原因とは・・・・施工編

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

太陽光買い取りに入札導入へ 政府、再生エネ制度を抜本見直し

太陽光買い取りに入札導入へ 政府、再生エネ制度を抜本見直し


政府が再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を抜本的に見直すことが16日、分かった。

太陽光発電の買い取りについて、コストの安い事業者を優先する入札制度を新たに設けることなどが柱となる。
経済産業省の有識者委員会で6月にも制度改革の本格的な検討を始め、今夏までに意見を集約。
来年の国会で再生可能エネルギー特別措置法の改正を図る方向。

現行制度の下では、太陽光発電の急拡大が電気料金の上昇を招いており、制度の見直しで国民負担の軽減に取り組む。

入札制度では、事業者の利益を考慮して現在は高めに設定されている買い取り価格に競争原理を導入し、コスト削減を促す。また、太陽光の導入量に上限を設ける案も浮上している。

こうした制度変更は、再生エネ普及の先駆けとなったドイツやスペインが電気料金の上昇を抑制するため進めている。政府は海外の先行事例を参考にしつつ、改革案を詰める構えだ。

制度の根拠となる特措法は、開始後3年間は買い取り価格を優遇するよう定めた。
普及の起爆剤と期待された太陽光には他の再生エネと比べても高い価格が設定され、参入事業者が殺到。
制度が平成24年7月に始まってから認定を受けた設備容量は太陽光が95・4%(26年12月末)と大半を占める。
発電コストが高い太陽光の拡大で電気料金への上乗せ額も膨らみ、27年度は標準家庭で月474円と前年度の2倍超になった。
政府は企業向け(10キロワット以上)の太陽光の買い取り価格を26年度の32円から今年4月に29円、7月に27円まで引き下げるほか、電力会社が出力を抑制しやすい仕組みを設けるなど既に制度の是正に着手している。

42年度までの電源構成比率では、再生エネの比率を現在の10%程度から22~24%まで引き上げる。うち、太陽光は7%程度にとどめ、風力や地熱など他の電源とのバランスを整える考え。このため、抜本改革後の制度も太陽光以外の優遇策は継続するとみられ、再生エネの普及拡大には引き続き力を入れる方針だ。

http://www.sankei.com/life/news/150517/lif1505170018-n1.html?view=pc

平成27年版「環境白書」の全容

平成27年版「環境白書」の全容


政府が6月にも閣議決定を目指す平成27年版「環境白書」の全容。

再生可能エネルギーを地方都市や農村部で積極的に導入する。

温室効果ガスを排出し国富の海外流出も招く化石燃料への依存を低減。

都市圏に再生エネ由来の電力を販売することで地域経済を活性化させる必要性を訴える。

テーマは、「環境とともに創る地域社会・地域経済」

再生エネ由来の電力は地域の有力な“商品”となり得る。白書ではこの電力を

大都市圏に販売することで、産業として育て、地域活性化につなげようと呼びかけている。

政府が決めた平成42(2030)年度のエネルギーミックス(電源構成比率)では、

再生エネの比率を現在の10%程度から22~24%まで高める方針を打ち出した。

価格転嫁による電気料金の高騰を防ぐには、発電コストが高い太陽光以外の

電源もバランスよく増やす必要があり、潜在力が高い地方や農村部の

再生エネ普及を促進したいとの事。

本当のモジュールの劣化の原因とは・・・。シリコン系、CIGS

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

パワーコンディショナーを理解しよう。 沙良の雑談編その2

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

サニックス最終損失49億円 5期ぶり赤字、太陽光注力が“裏目”

サニックス最終損失49億円 5期ぶり赤字、太陽光注力が“裏目”

サニックスは13日、平成27年3月期の連結決算を発表した。

主力の太陽光発電の受注が鈍った上に、業容の急拡大に伴う人件費が重荷となり、

最終損失は49億円と5期ぶりの赤字となった。

太陽光バブルの終焉によって、同社の経営環境は厳しさを増している。

サニックスは、平成24年に始まった再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)に合わせて、

太陽光発電の販売・施工事業を強化した。

25年度に約1千人規模だった太陽光部門の社員を順次増やし、26年度には約2700人規模とした。

この結果、施工件数は増加し、27年3月期の決算も売上高は前期比13・5%増の956億円だった。

だが、太陽光発電の普及にブレーキがかかっている。

発電量が不安定なため、九州電力をはじめ各電力会社が昨年9月以降、

新規の買い取り受け付けを一時中断した。

経済産業省も太陽光の買い取り価格を当初の1キロワット時当たり

40円(出力10キロワット以上、税抜き)から、27年度は29円まで減額した。

太陽光の将来性が細る中で、サニックスの事業環境は急激に悪化し、

人件費が経営にのしかかり、赤字に転落した。

同社は今後、人件費削減による立て直しを目指す。

今月7日、社員の約2割にあたる600人規模の希望退職を募ると発表した。

28年3月期の連結業績予想については、売上高780億円、最終利益は28億円としている。

記者会見した井上公三常務は「電力の消費の大きいところは

再生可能エネルギーの余地がある。

事業規模にあった人員態勢にし、利益を出せる体質にしていく」と述べた。



九電、次世代送電網実証試験を2年延長

九電、次世代送電網実証試験を2年延長

九州電力 は1日、全ての電源の最適運用を図るため佐賀県玄海町と

鹿児島県薩摩川内市で実施中のスマートグリッド(次世代送電網)実証試験を

2017年3月まで2年間延長すると発表した。 

試験は11年4月から4年間の予定だったが、東日本大震災の影響で

開始が大幅に遅れた。九州全体の需給バランス調整のため、

天候で変動する太陽光発電出力の予測手法や蓄電池の

最適制御技術などについて研究している。

新型太陽光電池「ペロブスカイト」

新型太陽光電池「ペロブスカイト」

日本の研究者が新たに開発した新型太陽電池が世界の注目を集めています。

『ペロブスカイト太陽電池』と称する特殊な結晶構造を持つもので、

現在主流のシリコン系に比べて格段に安く太陽電池を作れるというもの。

炭素などの有機物、鉛などの金属、ヨウ化物や塩化物といったハロゲン化物で

構成する“有機無機ハイブリッド型”で、多少雑に作っても高い発電効率が得られる。


クルマに塗装できる太陽電池

シリコン系に必要な高温加熱や高真空プロセスが要らず、基板の上で

多孔質の酸化チタンに溶液を塗布して乾かすだけで作製できる。


OIST_1-690x450.jpg

1平方メートル当たり150円程度の原材料を塗るだけで発電できるのが特徴。

今年に入り、独立行政法人物質・材料研究機構(NIMS)の開発チームである

ナノ材料科学環境拠点(GREEN)がペロブスカイト太陽電池の製造プロセスで

製品バラつきの原因となる水分や酸素を排除することで、理想的な半導体特性を実現。

また東京大学の瀬川浩司教授は壁や人が発する赤外光を吸収して発電する

“色素増感型”太陽電池を『ペロブスカイト太陽電池』と組合わせることで、

シリコン系を超える発電効率の高い太陽電池の開発に成功している。

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]